*

女性がかかることの多い性病の種類とさまざまな特徴

女性がかかることが多い性病としては、以下のようなものが挙げられます。

まずはクラミジアトラコマチスと呼ばれる細菌に感染することで発症するクラミジア頸管炎です。

この性病の怖いところは、感染した状態で妊娠すると流産を起こしてしまったり、産道で胎児が感染することで肺炎や新生児結膜炎が引き起こされることがあると言う点です。

また放置しておくと卵管炎などによって不妊や子宮外妊娠の原因になることもあるので、早期発見、早期治療が重要です。

 

それからトリコモナス膣炎です。

これは男性の尿道や前立腺に存在しているトリコモナスと言う寄生虫に感染することで発症する性病です。

性交渉で感染することがほとんどですが、ごくまれに手指や下着、トイレの便座や風呂場などで感染してしまうこともあります。

おりものや外陰部に異常が出てくることが多く、酷くなると外陰部がただれてしまうこともあります。

 

カビの一種である真菌、カンジダが膣で繁殖することで引き起こされる性病が、カンジダ膣炎です。

こちらも性交渉で感染することが多いのですが、カンジダ菌は普段から口腔内や膣、気管内などに存在しているため、体力が低下した時や不衛生な下着を着用している時などにも発症することがある症状です。

おりものが白く、ボロボロとした状態になるのが特徴で、外陰部のただれ、それに伴う出血があることもあります。

 

それからエイズです。これはHIVウイルスに感染することで引き起こされる性病で、免疫機能の著しい低下が症状の大きな特徴です。

女性の場合、エイズにかかった状態で妊娠し出産をすると、産道を胎児が通過する過程で胎児にも感染する場合があります。

そのため、女性の場合は妊娠を意識するのであれば、一度は検査を受けておくことが望ましいです。

 

これ以外にも、毛じらみや梅毒、淋病などが女性がかかることの多い性病としては挙げられます。

こうした性病にかからないためには、不特定多数の人と性交渉を行わないこと、また性交渉の際には男性側にコンドームを着用してもらうことが効果的です。

 

そしてそれと共に、陰部の衛生状態に気を使うことも必要です。

 

参考:性病のリスクが気になる人へ



コメントする


fx値動き